スマホアプリを活用しよう~その⑧~

今回は、先日の正方形さんの記事の中で触れていた、画像編集アプリのPS Expressをご紹介します。

Ranking

こちらは、Adobe社の提供するアプリの1つで、写真の加工・画像の編集に特化したアプリです。Adobeの画像編集ソフトPhotoshopを思い浮かべる方も多いと思いますが、そのPhotoshopのモバイル用アプリとなっております。正式名称はPhotoshop Expressです(※13歳未満の場合Adobe製品は使用不可)。

このPS Expressが他の画像加工・編集アプリと違う点を説明していきます。

他のAdobe製品・アプリの使用者は勿論ですが、そうでない方にも最適なアプリです。

このアプリの見どころを上げていきます。

1.無料で利用でき、仕上がりはプロ品質

2.高速(読み込み時間が短い)で使い易い

3.豊富なフォトエフェクト・編集機能と、自由なカスタマイズ

4.曇りや靄を除去し、鮮明に仕上げることも可能

テキストやロゴの追加など基本編集機能も備わっており、このアプリ1つで写真や画像を自由自在に加工・編集できます。これだけ機能が付いているのに無料 。。。更に高速 。。。無敵です

アプリを起動するとアルバムフォルダの画像が表示されます(左上)。この状態で画像をタップすると、加工・編集に入ります。

画面上に「編集 」「コラージュ 」「MIX 」の3つのカテゴリーがあります。編集 は、画像1枚のみを選択して編集していきます。コラージュ は、1枚以上を選択し、指定したサイズの枠内に収まるように画像を並べ、また同時に画像の切り抜きも可能です。MIX は、1枚以上を選択し、画像の配置や加工(1枚ずつ加工・編集する必要があります)していきます。

例えば、スマホの待ち受けをオリジナルで作成したい場合は、初めは画像を選ぶだけのコラージュを使い、更にオリジナリティを求める場合や手の込んだものを作成したい場合はMIXうぃ使う、といった感じです。

試しに、コラージュの編集画面を見ていきたいと思います。

ここでは、画像を2枚選択しています。テキスト機能も使って、小さな広告のような配置を作ってみたいと思います。

サイズはデバイス(iPhone11サイズ)を選択し、拝啓(余白部分)を和紙のようなあしらいにしました。また、上の肉の画像を彩度を上げて明るくし、新鮮さを強調しました。ステッカーを挿入することもできるので、ポップにすることもできました。最後に、右上の右から2番目のボタンを押してカメラロール(アルバムフォルダ)に保存して完成です。

保存形式はJPEGのみとなっていますが、低画質から高画質まで対応しているので、デジカメで撮った写真などでも画質を維持することが可能です。

JPEGとPNGの違いの説明はこちら⇒こちら

これは、先ほどの肉の画像のみの編集を表示していますが、赤を強調して彩度も上げることで温かみを演出させています。

こちらは、MIXでの編集画面です。全て自分で構成する必要があるので、背景や各画像の編集まで1から作成する必要があります。その分自由度は高いですし、画像同士を重ね合わせることも可能です。

HOME画面の右のWORLD(ディスカバー)は、全世界に公開されている加工・編集済みの画像を見ることができます。使用している効果を保存・使用が可能なので、プロの編集を手早く自分のものにすることも可能です。

スマホアプリを活用しよう~その⑦~

JPEGとPNGの違いの画像→https://job.fellow-s.co.jp/useful_info/feature_detail/Art-0447

Ranking

今回お話しするアプリは、正方形さんです。

正方形さんは、名前の通り、画像を正方形に加工するアプリです。

ただ正方形にするだけであれば、画像のトリミングで行えますよね。

しかし、このアプリは2015年の夏にリリース以降、100万ダウンロードを超える大人気アプリなんです!

その最大の理由は…

今や若者がSNSで最も利用しているとされるInstagramの投稿に特化したアプリだからなんです!

Instaglamには「投稿」と「ストーリー」の2種類あり、それぞれ対応する画像の解像度・サイズが異なります。この正方形さんに関しては、「投稿」のみに限定されています。ストーリーのサイズ・解像度に対応した画像編集アプリは色々ありますが、僕が使用しているものはPS ExpressというAdobeのアプリになります。このアプリは後日改めてご紹介させて頂きます。

まず、Instagramの投稿とストーリーの違いから説明していきたいと思います。

投稿は、個々のアカウントのプロフィールから一覧として見ることができ、フォローしているアカウントの投稿がタイムライン(TL)に流れる仕組みのものです(投稿者はフォロワーのTLに流れます)。画像または動画を最大9個を一纏めにしてコメントと一緒に発信されます。Instagramの代名詞とされるハッシュタグも、基本的にコメントと一緒に投稿されます。

投稿する際、画像または動画は全て1:1のサイズ、つまり正方形で投稿されます。スマホなどで撮影した画像または動画は縦長だったり横長なので、正方形”切り抜かれて”投稿することになります。また、投稿される最大の解像度は1080pxなので、画像または動画は最大1080px×1080pxになり、それよりも大きい解像度のものは画質が下がり、小さい解像度のものは拡大され荒い画質になります。

ストーリーは、24時間で消える投稿で、画像と動画の両方を上げることができ、画像または動画を何個でもストーリーに追加可能な上、動画は最大15秒まで対応しています。また、ストーリーを投稿すると、そのアカウントの丸いアイコンの外枠が赤くなり、投稿者はストーリーの閲覧者を確認できる仕組みになっています。また、ホーム画面(TL)の最上部には自身がフォローしているアカウントのストーリーが左から順に、投稿が最新なアカウントの並びで表示されます。一番左が自身のアカウントで、それより右がフォローしているアカウントです。。

ストーリーに対応する画像または動画の最大の画面サイズは、スマホの全画面に対応した9:16で、最大解像度は1080px×1920pxです。ですが、画像または動画のサイズはそのままで投稿可能で、その場合画面に余白ができてしまいます(解像度は最大値以下に修正されます)。一般的には、この余白にコメントやスタンプを入れるのが主流になっています。

ストーリーに類似した機能で、Instagram LIVEというものがあります。ストーリーと同じ枠でライブ配信が行え、ライブをストリーミング配信(通常の配信同様24時間後までストーリーに保存できる機能で、通常はライブが終了するとストーリーやアーカイブに保存されない)することも可能です。

ここで正方形さんの使い方を説明していきたいと思います。

アプリを起動すると左上の画面が表示されます。そして、画面左上のアルバムボタンを押すと、スマホの写真フォルダが出てきます。ここから投稿したい一枚を選び選択します。

画面左下の丸いパレットボタンを押すと、画像を中心にした正方形の余白部分の色を決めることができます。グレーや白が良く使われている印象です。この時、画面中央に表示される「Off」「Hard」「Normal」「Soft」ですが、Offが全塗状態で、右に行くほど写真をぼかしたものが背景として投影されます。

下中央の3つのボタンは、画像を表示するサイズ(部分)の選択や余白の大きさの変更になります。

画像のトリミングはこのアプリ上で出来ないので、事前に使用する画像をトリミングしておく必要があります。

画像の編集が終わったら右上の緑のチェックボタンを押して保存します。画像のサイズはJPEG・PNGそれぞれ640px×640px~3024px×3024pxまであります。Instagramの投稿できる最大サイズは1080pxなので、1024px×1024pxが最適です。

再度になりますが、このアプリはInstagramに特化したアプリなので、他のところで使う事は殆どありません。次にご紹介する動画編集版に関しても同様です。

安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

正方形どんは、正方形さんの動画編集版で、使い方も基本的に同じです。

左上のアルバムから編集加工したい動画を選び、枠・余白の色や広さ・背景のぼかしとうの編集が可能です。トリミングはこちらもアプリ内で行えないので事前に使用する動画のトリミングをしておく必要があります。ただ、動画の使用する部分の切り取り選択のみアプリ内で可能です。

Instagramで投稿できる動画の長さは、3秒~60秒(1秒~3秒未満は再生回数が非表示になります)で、60秒以上で投稿する場合はIGTV(Instagram TV)での投稿となり、痛痒の投稿とは別の枠での一覧表示となります。一般アカウントは60秒~15分、フォロワーが1万人以上のアカウントは60秒~60分までの投稿が可能になっています。

なので、正方形どんで編集する動画も通常の投稿またはIGTVに合わせた尺にする必要があります。

投稿したい画像または動画内にテキストを入力したい場合は、以前紹介したVITAやPS Expressなどの画像・動画編集アプリで編集したのち、正方形さんや正方形どんでサイズを調整する方法があります。SNSで画像や動画のサイズを指定しているのはInstagramだけなので(画像の枚数や動画の再生時間の指定などはどのSNSでもありますが)、Instagramを使わない方は、PS ExpressやVITAなどで十分だと思います。

スマホアプリを活用しよう~その⑥~

Ranking

スマホ歴4年目のNANAくんです。

20歳までスライドガラケー使ってました。大学の講義中にガラケーで写真撮った際「ガシャ!」と爆音を響かせ爆笑をもぎ取ったのをきっかけに、スマホ購入を決意しました笑

そんなアナログ人間がスマホアプリをおススメするシリーズ第6弾。

今回ご紹介するアプリは動画編集用アプリのVITAです。

スマホ・タブレットで使用が可能な完全無料なアプリです。

このVITAは、有名カメラアプリSNOWを手掛けた会社(ネイバーの子会社のSnow Corporation)によって製作された動画編集アプリです。使い易さは勿論のこと、様々なエフェクトや加工ツールが揃っており、初心者でも高いクオリティーの動画が素早く・簡単に作ることができます。

動画のトリミングやサイズ変更から、音楽(効果音など)やエフェクト作成までが可能です。スマホで出来る動画編集アプリは有料のものが多かったり、無料でも広告表示や作成が複雑なものが多い中、このVITAは初心者から熟練者まで愛用する、使い勝手の良さに定評があります。

では、早速アプリを起動して使うまでを見ていきたいと思います。

アプリを起動すると上の画面が表示されます。左下のプロジェクトは、自身がVITAで作成した動画の一覧が表示されます。一度作って更に加工・編集したい時に、一から作る手間が省け大変便利です。

上の画面では、右下のテンプレが表示されている状態です。テンプレは既に画像の加工や動きに編集がかかっている状態で、テンプレを利用することで高い編集技術を自分のものにできます。

テンプレの一覧にある動画を押すとサンプルの動画が再生され、「使用する」を押すとそのサンプルの中の編集可能な動画(または画像)の部分に自身のスマホに保存された動画または画像を埋め込み・追加編集が可能になります。はめ込むだけなので非常に簡単で、動画編集初心者はこのテンプレで動画編集の面白さや動画編集とは何かを体験してみてください。

中央下部の+ボタンを押すと自身のメディアライブラリが開かれ、動画または画像を1つ以上選択し、加工・編集が可能です。2つ以上の動画・画像を選択し繋げることも可能で、動画(画像)同士の接点の編集も可能です。

動画を選択して編集に入った初期段階が左上の画像になります。下の編集やエフェクトなどの編集ボタンを押して動画全体または部分的に加工・編集を行うことができます。

上中央の画像はテキスト入力をした場面で、文字の形や色、文章のサイズも編集可能です。また、そのテキストの表示時間の編集も可能です。

右上の画像は、動画にフィルター加工を施している状態です。彩度を上げたり白黒にしたり出来る上、そのフィルターを動画全体から一部分のみかけることも可能です。

また、動画の分割や逆再生も可能です。一部を重ねて連続で再生することもできます。

フレームエフェクトも完備されており、動画のつなぎ目に使用することで動画にスムーズさを演出できる他、見ている人の注目を集めることもできます。

音楽編集を使用すると上の画面が表示されます。音楽から効果音まで収録されています。

また、iPhoneを使用されている方は、iThunesに保存された楽曲の利用も可能となっております。

楽曲の一部のみ再生することもできますし、動画の部分ごとに別の楽曲を割り当てることも可能となっています。

保存できる動画のサイズも1080pまで選択が可能なので、低画質から高画質まで対応可能です。

手軽なうえ、サンプルまでついているのはVITAだけです。僕はSNS用に使用しておりますが、編集技術がなくてもアプリの高い編集アシストがあるので、YouTubeの動画編集にも最適だと思います!!!

スマホアプリを活用しよう~その⑤~



Ranking



今回は、Schooというアプリを紹介します!
Schooは、”業界最先端のITスキルをはじめとして、社会人や学生に向けたビジネススキルやプログラミング、Webデザインの基礎から応用まで、明日の仕事に活きる授業”をテーマとして、参加型の生放送から3000を超える録画授業を揃えたアプリケーションです。

先生と受講生(視聴者のこと)がリアルタイムでコミュニケーションを取りながら学べ、先生方も第一線で活躍している大手企業や専門領域のプロばかりな点も魅力的です。生放送の視聴や一部録画授業は無料で利用できるので、お財布にも優しい!笑笑

「プログラミングやITスキル」と聞くと、普段関わりのない方には難しく感じられるかと思いますが
全然そんなことありません!恋愛についてや、大学生のインターンシップについてなど授業内容の種類が幅広いので、文系理系社会人在宅組関係なく楽しみながら学べます。

今のご時世、色々なことに興味を持ち少しでも知識や見解があれば、それが役に立ったり「正しい情報であるのか」の判別も付いたりなど、”情報の保有”に損はありません。

僕とこのアプリとの出会いはITやプログラミングの情報を学べるとあったので、そこから時間がある時に生放送を見て先生に質問をしたり〜とやってます。どのような放送があるのか事前にチェックできるので,興味がある放送をチェックしておけば放送前に通知で教えてくれるので、時間の活用にも役立ってます。

フリーランス向けの無料録画授業もありますし、今流行りのフリーランスの方にも有益じゃないかな?笑笑
あ、フリーランスっていうのは、特定の企業・団体・組織に入らず、自らの才覚や技能を提供することで、社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人のことです(byウィキペディア)。分かりにくいwww要するに
個人で独立して(一人でやられる方が多いですね)、仕事の受注から提供をこなす人たちのことです。最近はフリーターが増えてますけど、その理由は”自由な時間の確保が可能”であるからですし、そこから仕事に繋げた形と考えると今風な職風ですね〜。





スマホアプリを活用しよう~その④~



Ranking



今回は、”Qiita”をご紹介します!

IT系の方たちはご存知と思いますが、Qiitaとは”プログラマのための技術情報共有サービス”が売り文句の、IT系の方たちの様々な情報や分析のまとめサイトのようなもので、マニアックな情報も多く存在します。

Web系だったりアプリ開発などで調べ物をするとよく引っかかるのがこのQiitaです(笑)

そして今回紹介するのはこのQiitaのアプリ版というわけです。

アプリ版はなにか大きな特徴があるのかというとそうでもありません。言ってしまえば、ただの“アプリ版”です。

実は今回タイトルとは名ばかりで、ただただQiitaを紹介したいだけです(笑)

ここで文系の方は「IT?Web?アプリ製作?興味ないし難しそう…」となられるかもしれませんが、Yahoo!知恵袋的な要素のほかにも、様々な記事を読んでいくと「なんか面白いな」ってなれる記事がたくさんあるんです!

基本的に一つ一つの記事の中身はそんなに文章量もありませんし、写真などをふんだんに使っている記事が多いので読みやすさは抜群です。専門用語もちゃんと解説しながら話が進んでいきますし、もし仮に説明がなくて何を言っているのかわからなくなっても、Qiitaで調べればその単語の説明や関連記事も出てきますし、問題はありません。

あと、IT系の知識が少ない人こそ活用すべきサイト(アプリ)でもあると思ってます。先ほども書いたように、説明が細かいからです。そして分かりやすい!

Qiitaを利用するのに会員登録(google)、お金もかかりません。それでいてこの情報量の豊富さなので素晴らしいというか、もはやなくてはならない存在です。

いかがでしたでしょうか。興味は湧きましたか?この記事の下にURLを張っておきますので、興味がある方はポチット見てみてください。

Qiita







スマホアプリを活用しよう~その③~



Ranking



今回はClipboxという、ネット動画(YouTubeやニコニコ動画など)や文書の保存・オフライン再生可能アプリを紹介します!
このアプリはご存知の方も多いと思われますが、多々あるアプリのなかで使い勝手のいいので(笑)
説明としては、PDF等のドキュメントはもちろんのこと、動画や音楽ファイルを簡単に保存できます。ダウンロードしたファイルはアプリ内でオフラインでの再生ができ(カメラロールに保存をすればSNSへの投稿も可能に)、フォルダに分けて管理したり、鍵をかけて他人に見られないようにすることもできます。
ちなみに、僕はYouTubeの動画を保存するようにしか使ってません。ファイルの保存をするならGoogleドライブ(クラウドなので容量食わないしおすすめ)でいいので。ただ、ドライブのほうはClipboxのようにネット検索をして動画を保存というようなことができず、カメラロールにある写真や動画等の保存のみ可能です。
使い分けが面倒ですが、Clipboxはクラウド保存ではないので、動画を多く保存しすぎてしまうと後々「容量がいっぱいです」とスマホから警告が出る要因にもなりやすいので注意が必要です!

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

音楽や動画が無料アップロード・オフライン再生が可能というのは、国内外での旅行で退屈な時間を有意義に過ごすことができるということなんです!ここ結構魅力的です!

皆さんも活用してみてください~(^^)/

あと、このブログの最新の投稿を確認したい方は、こちらのアカウントのフォローも宜しくお願いします!Twitter( `・∀・´)ノヨロシク









スマホアプリを活用しよう~その②~

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

Ranking

アメリカ メンズファッション専門 east dane



今回は、スマートフォン用アプリケーションのなかで、スキャナーをしてくれるアプリを紹介します!
スキャナーアプリはたくさんあるのですが、ここでは“CamScanner”を紹介します。
前回僕が紹介したOneNoteがofficeのツールでしたが、officeのスキャナーアプリも実は存在します(笑)
ではなぜ今回はofficeではないのか。
単純に、僕がいろいろ使ってみて一番しっくり来たものがCamScannerだったんです(笑)
officeよく仕事などで使う方はそちらも試してみてください。連係機能が付いてますので。
まぁそんなことはさておき、CamScannerの使い方や機能を説明していきます。
CamScannerは、紙の文書やホワイトボードなどをカメラで撮影することで、画像保存して管理できます。保存した文書はPDF化してメール送信したり、クラウドにアップロードして共有することが可能なんです!!!
また、OCR機能により文書内のテキストを読み取って検索することもできます。
アプリのカメラで撮影後、まず画像の切り抜き範囲を指定します。画像内の文書の輪郭が自動認識されるので、枠の四隅などをドラッグして範囲を調整すれば完了です。あるぴが自動で予測の枠を囲ってくれるので大体はカメラで撮影したら完了してしまします。なんと簡単なこと!
また、指定した範囲の傾きや歪みを自動補正してくれますし、文書を長方形の画像として変形・切り抜くことも可能です。
さらに、色調補正機能もあります。暗い場所で撮った時などは、色調を高くすれば鮮明な画像に早変わりします。
僕はノートや提出用レポートをCamScannerで撮影してテスト前に見返すように使っています。
先ほども紹介したのですが、画像をクラウドに保存するので、スマホの容量を食わない点が何といっても素晴らしいです。ファイルで分野ごとに分けられるので、見返す時もラクチンです♪
普通のカメラで撮影した文書と比べて、スキャナーアプリでは補正により斜め撮りでも正面からの画像にかわるので、見やすさが半端ないんです!ここがポイント。
次回はネット動画・文書の保存・オフライン再生可能アプリの紹介をします( `ー´)ノ

こちらをフォローしていただくとブログの最新投稿を随時ご覧いただけます⇒(https://twitter.com/00_NANA_)

未来のパートナー探しをトータルサポート





スマホアプリを活用しよう~その①~





Ranking

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

日本は冬ですね!雪もちらほら舞ってたり…☃

僕はプログラミング系のアルバイトをしているのでパソコンやiPadなどを使う機会が多いのですが、メモなどをとったりアイデアを書き出したりするときにofficeのOneNote(https://www.onenote.com/?omkt=ja-jp)というのを使っています。

Evernote(https://evernote.com/intl/jp)のoffice版というと何となく察しがつく方もおられると思います。

OneNoteEvernoteも知らねえよ!!!」

という方。今から説明しますので怒らないでくださいね。

まずEvernoteの説明をします。Evernoteはクラウドサービスをりようしたメモ・アプリケーションで、2000万人以上のユーザーに利用されています。有料会員に登録すると、クラウドの容量が増えたりもします。

音声や写真など様々な形式のデータを集約できるため、とても便利なメモ帳というふうに覚えてもらうといいです。

ここで!

OneNoteをEvernoteと比較しながら説明していきたいと思います!

OneNoteはofficeのサービスの一つという事で、WordやExcel・PowerPointと連携が取れるんです!OneNoteはEvernote同様モバイル端末用のメモのようなものなので、WordやExcelで作った資料などを貼り付けることができ、office愛用者の方達にはもってこいのサービスと言えます。

僕は普段officeを頻繁に使っているわけではないのでEvernoteでもよかったのですが、たまたまOneNoteを利用していたので今も使い続けていると行った感じです笑笑

さて、OneNoteには他にも使い方があります。

Wordなどの他にもPDFや画像ファイルの貼り付けもできますし、文章の校正や手書きの赤入れ、チェック項目付きのリストの作成もできます。

また、あらかじめ登録した自分のメールアドレスから「me@onenote.com」に送信したメールがメモになります。Evernoteにも似たような機能はありOneNoteよりも手軽さがある一方、有料の機能なので、タダで使えるという点で考えるとOneNoteの方が魅力的です。

さらに、OneNoteでは「オンラインビデオの挿入」と「ページ内でその動画が再生できる」というきのうが備わっています。EverNoteの場合はページ内では動画の再生までは行えない為大きく違います(ここで言うオンラインビデオはYouTubeなどです)。

OneNoteはOffice365の アカウントさえあれば無料で利用することができ、またタブレットやスマートフォンやパソコンなど複数のデバイスで同時に利用可能です。Evernoteは最大2台という制約があるので、ここも大きな違いです。

ここまで読まれて「Wordでよくね?」と思われた方おられるでしょう。

Wordとはひと味もふた味も違うんです!!!

Wordの場合、ファイル内に基本となるテキストというものが存在します。そのため、画像や表はあくまでテキストの中に挿入されるもなのであまり自由な配置はできません。一方、OneNoteには基本となるテキストはがないため、画像や テキスト・表などを自由に配置することができます。また、 ページも縦横と無限に広がっていくので、より自由度の高いツールと言えます。

さらに、OneNoteのファイルをOneDriveに保存することでリアルタイムで編集内容がファイルに反映されるようになります。リアルタイムで保存されていくので、上書きしないまま閉じてしまうトラブルを防ぐことができるだけでなく、複数のユーザーと同時にファイルに書き込みを行えるので、ミーティングをしながらメンバーごとの端末でアイディアを書き込んでいくといった使い方ができるんです!まさに「ビジネス寄りのNoteツール」ですね〜😆

OneNoteの可能性は無限大です!!!学生から社会人まであらゆる層の方たちが利用できる次世代Noteです(‘ω’)ノちょっとしたメモから会議の資料を校正したりと幅広いです。皆さんも一度インストールしてみては。

to-reach-2697951_1920